SB固定柱脚工法の強み(低コスト)

躯体工事で使用する鉄骨の
コスト大幅削減!!

基礎と地中梁の一体化によって、土工事・型枠工事・コンクリート工事等にかかるコストを大幅に削減。
さらに、エ期の短縮化に伴う経費等の最小化も実現します。

躯体コスト対比例 ①

平屋750坪店舗の計画でSB固定柱脚工法によって杭が省略された例

躯体コスト対比例 ②

2階建300坪倉庫の計画で従来・SB固定柱脚工法とも改良杭を要した例

コスト削減の原理
THE LAW OF COST REDUCTION

基礎工事の簡略化

柱、梁を同ー素材で溶接接合することで、複雑な配筋、アンカーボルトが不要。また、単純な基礎形状によ仏型枠工事の省略化が可能です。

基礎部分の鉄骨ユニット化

工場作業比率を高めることで現場での施工を簡略化でき、工期短縮につながります。

根伐・残土処理量の軽減

H形鋼地中梁の採用で梁の剛性を高めることにより、梁成を小さくし根伐量残土処理量を軽減させます。

構造設計請負により、効率的な架構の提案も可能です。

SB固定柱脚工法についてや、工事のご依頼などお気軽にお問い合わせください
▲ PAGE TOP